Bあや ちぇんそーぐるい

ちぇんそーぐるいBあや&まいける+ふれでぃのつれづれ。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チェルノブイリを超えた福島第一原発事故

実は月曜日からまたオハイオに出張に来ているんですが、昨日までまいけるのお客さんの家の庭でキャンパー生活だったのでなかなかブログの更新が出来ませんでした。

Bあやの体調はだいぶよくなってきて、口唇ヘルペスも引っ込んだようで一安心。ぼちぼち体力戻していきます。

さて、ついにチェルノブイリを超える汚染マップが公開されました。大手メディアは未だに報じていませんが、連日記者会見に出席しているフリージャーナリストの方々が記事にしてくださっています。当然同じ記者会見に出席している大手メディアもこのことを知っています。なのに報道しません。彼らは何を守りたいんでしょうか。国民の健康?原発利権?

東電原発事故は、チェルノブイリを超えたのか? by木野龍逸

東京もすでに汚染されています。関東の野菜もです。避難できる人は避難してください。避難できない人は、体外被曝(外出を控える、雨に濡れないなど)もですが体内被曝(水、食品、外出時にマスクをするなど)を減らすように気をつけてください。

政府のいう暫定基準値をクリアしていても危険です。特に妊婦、子供は気をつけてください。

↓NHK BSで9日から3夜連続でチェルノブイリ関連のドキュメンタリーが放送されます。是非見てください。録画できる人は録画して家族や友人知人と見てください。

今の状況で避難もせず内部被曝が続くとチェルノブイリの悲劇が繰り返されます。

あー、だれか録画してBあやにも送って~~~!!!

シリーズ チェルノブイリ事故 25年

永遠のチェルノブイリ 5月9日月曜深夜[火曜午前 0:00~0:50]

チェルノブイリ原発事故から25年。事故を起こした原発はいまだに周囲を汚染し続け、その処理は今も続いている。しかし甚大な被害を被ったウクライナでさえ、事故は風化しつつある。番組は、チェルノブイリを題材にしたゲームソフトが流行している現状や、いま進められている対策が根本的な解決にほど遠いことなどを指摘。さらに原子力エネルギーが注目を集め、ヨーロッパ各地に原発が次々と建てられている現状に警鐘を鳴らす。

被曝(ひばく)の森はいま 5月10日火曜深夜[水曜午前 0:00~0:50]

チェルノブイリの事故現場は、今も半径30キロが立ち入り禁止となっている。街は荒れ放題となり、木々が建物を覆い尽くそうとしている。悲劇の記憶を残す現場だが、科学者にとっては格好の研究対象となっている。放射線の自然界への影響や、人間が放棄した街がどのように自然に戻っていくのかといったテーマを研究するのに最適な場所なのだ。事故から25年、“チェルノブイリ”から何を学ぼうとしているのか。研究の最先端を追う。

見えない敵 5月11日水曜深夜[木曜午前 0:00~0:50]

ドイツのドキュメンタリー作家クリストフ・ボーケルは、通訳として仕事をともにしたウクライナ人の妻をガンで失った。チェルノブイリ原発事故の取材が原因か?ボーケルはこうした思いをきっかけに、事故に深く関わった人たちを追うことを決意。妻との記憶を織り交ぜながら、軍人として事故処理にあたった芸術家、事故を取材し続けた元プラウダ紙の編集者、事故直後に現場に入ったカメラマンらを取材し、その思い出を辿る。

そして、NHK BSのドキュメンタリーは翌週も必見!!!この問題が解決していないのに原発を動かし続けるのは言語道断!!これもぜひ録画してみんなで見ましょう!

シリーズ 放射性廃棄物はどこへ

終わらない悪夢 前編 5月16日月曜深夜[火曜午前 0:00~0:50]

地球温暖化対策などを背景に原子力発電所の建設が世界各地で進むなか、“核のゴミ”といわれる放射性廃棄物の処理はどれほど進展してきたのだろうか。フランスの取材クルーが、科学者などとともに、フランス、アメリカ、ロシアの原発や再処理施設を訪問。核廃棄物のゆくえや人体への影響など、世界の核のゴミを巡る恐ろしい現実を明らかにしていく。(全2回)

終わらない悪夢 後編  5月17日火曜深夜[水曜午前 0:00~0:50]

地球温暖化対策などを背景に原子力発電所の建設が世界各地で進むなか、“核のゴミ”といわれる放射性廃棄物の処理はどれほど進展してきたのだろうか。フランスの取材クルーが、科学者などとともに、フランス、アメリカ、ロシアの原発や再処理施設を訪問。核廃棄物のゆくえや人体への影響など、世界の核のゴミを巡る恐ろしい現実を明らかにしていく。(全2回)
 
地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~ (再) 5月18日水曜深夜[木曜午前 0:00~0:50]
 
原子力発電所が出す放射性廃棄物は、地下深くの安定した岩盤層に埋めるのが、最も現実的な処分方法とされている。しかし場所の選定に難航し、各国とも頭を痛めている。そうした中、フィンランドは、いち早く地下深い場所に使用済み核燃料の最終処分場「オンカロ」の建設を始め、安全性試験を行っている。史上初の核処分場が直面する、思いもよらない難題を描く。2010年 国際環境映画祭(パリ)グランプリ受賞作品

 

とりあえず浜岡原発を停止させるという動きになっているようですが、未だに大手マスコミは「夏場の電力不足がー」とか何とか言っているようですが本当にとんでもない!!中電は原発依存が弱く、浜岡原発が作っている電気は中電発電量のたったの10%です。中部電力は浜岡無しで必要な電力を十二分に発電できるんです(水力も火力もたくさん余力がある。わざと水力火力などを抑えて原発に発電させてあげてる)。

そしてこの期に及んで原発推進派が躍起になって原発を守ろうとしている・・・電気が足りるとか足りないとか言っているけど一番は金です。

このような重大事故を起こした東電は倒産すべきです。「想定外」という言い訳は通用しません。過去にも同程度の地震や津波の被害があったのに、「対策をすると金がかかる」という理由から、目を背けていただけです。

福島第一では、去年外部電源喪失という事故を起こしています。つまり、外部電源喪失がありうると分かっていた。そしてその対策を取っていなかったんです!!

森ゆうこ議員 参議院予算委員会質問2011年5月1日

あと、政府内から「東電を倒産させるとたくさんの株主に迷惑がかかる」という馬鹿げた理由をあげて東電倒産を回避せねばならないという声が出ているようですが、大馬鹿です。株はギャンブルです。株主は当然そのリスクを知って株を購入しているはずですよね?こんな重大事故を引き起こした東電を「守らなくちゃいけない」なんて頭おかしいんじゃないか!?守らなくちゃいけないのは被害者です。

東電が倒産したからといって電気が安定供給できなくなるなんてことはありません。

本当に吐き気がします。

 

↓オススメブログたちです。

3月15日に何をしていましたか? bykarinnkarinのコーヒーブレイク

『〔写真〕放射能ホットスポット日本橋で「奇形の薔薇」を発見』 低気温のエクスタシーbyはなゆー

 

ざまあみやがれい! ←原発関連の動画を文字おこししてまとめてくださっています。時間がなくて動画が見られない方必読のブログです!

 

Peace Philosophy Centre ←原発関連の記事や論文の英語→日本語訳、日本語→英語訳をされています。英語圏の方にもぜひオススメください!!

 

ま、今日はこのへんで。

↓ ひとりひとりが声をあげていきましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ

↑ みんなが知っておかなくてはいけない問題ですよ!

スポンサーサイト

| 未分類 | 00:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。