Bあや ちぇんそーぐるい

ちぇんそーぐるいBあや&まいける+ふれでぃのつれづれ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうしても許せない政府発表!!!!!!

官邸ホームページに、まさかの文章を見つけました。4月15日付です。

怒り心頭です。

このありえない文章を、消去される前に記録のためにここに全文を掲載します。

日本はどこへ向かうのでしょうか・・・。

--------------------「チェルノブイリ事故との比較」全文-------------------------

チェルノブイリ事故との比較

平成23年4月15日

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。
  1. 原発内で被ばくした方
    *チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
    *福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。
  2. 事故後、清掃作業に従事した方
    *チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
    *福島では、この部分はまだ該当者なし。
  3. 周辺住民
    *チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。
    *福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。

一般論としてIAEAは、「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。
長瀧重信 長崎大学名誉教授
(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
(前 放射線医学総合研究所 理事長)

---------------------------ここまで-----------------------------

官邸HP内のページより抜粋 → http://bit.ly/ig6q3L

 

怒りと情け無さと恥ずかしさと・・・初めて日本国民でいることを心の底から「恥ずかしい」と思いました。コレ以外にも様々な「安心・安全デマ」が政府から流されています。

この文章の意味がわかりますか?

「あの大惨事と言われるチェルノブイリでも『健康には影響は認められない』。今の福島の状態はチェルノブイリよりも安全で、大丈夫!今後もし爆発等があってチェルノブイリ級の状態にになったとしても大丈夫!!だってチェルノブイリでも被害はほとんど出てないんですから」

つまり、

「チェルノブイリ級(もしくは上回る)の放射能が出る最悪の事態になっても、安心してください!政府は『大丈夫』と言い続けます!!」

ということです。

本当にありえない・・・。

 

↓速攻でご意見送っておきました。

--------------Bあやが送ったご意見-----------------

チェルノブイリ事故との比較というページを見ました。
何かの冗談でしょうか?
それともハッキングでもされて、外部から書き換えられたのでしょうか?
チェルノブイリの被害を本当にあの程度だとお思いですか?本気なんですか?

長瀧重信 長崎大学名誉教授
(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
(前 放射線医学総合研究所 理事長)
この2人と日本国政府とIAEAはチェルノブイリへ赴いて、現在もまだたくさんの人々が苦しんでいる現状を見て、全被害者に謝罪してください。すでに被曝被害を受けている福島の人々、常に被曝の恐怖と戦っている日本国民にも謝罪すべきです。

今、私は日本国民であることを心から恥じています。

ウクライナで6歳の時に被曝したナターシャさんのメッセージです。今回の事故の前の番組です。
http://youtu.be/ry_WACFd8Ds

サクリファイス-犠牲者-事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実-日本語字幕付き
http://video.google.com/videoplay?docid=-6601369124230620869&hl=en#

これ以上国民を欺くのをやめてください。世界に恥を晒すのをやめてください。
過ちを早く認めて、方向転換をしてください。
このような情報操作はすでに犯罪です。

お願いします。

-------------------ここまで------------------

こんなことを許していてはいけません。日本国民の皆さん、せめて選挙には行ってください。お願いします。

 

対照的に、勇気ある発表をされた城南信用金庫の吉原毅理事長のメッセージをyoutubeで見ることができます。

http://youtu.be/CeUoVA1Cn-A

城南信用金庫は8日、自社のホームペーに「原発に頼らない安全な社会へ」というメッセージを掲載。金融機関が「脱原発宣言」ともとれるメッセージを発信したことが、インタ?ーネット上で大きな話題となっている。吉原毅理事長が、メッセージを発信した背景を語った。
城南信用金庫は、東京23区南部から神奈川県に85店舗を展開する信用金庫。融資額や貸し付け額では業界一位を誇る。貧富の格差解消や弱者救済の理念を持ち、消費者向けの?カードローンは、現状では一切扱っていない。またクレジット・信販会社とのATM提携も一切行っていないことで知られている。
城南信用金庫
http://www.jsbank.co.jp/
城南信用金庫のメッセージ「原発に頼らない安全な社会へ」
http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf

(↑説明はyoutubeより転載)

こういう人が集まって、日本政府を動かして欲しい。こういう上司のもとで働けたら仕事もやりがいがあって楽しいやろな・・・と思う。

 

↓ ぽちっと押して広めてください!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ

↑ リンクもご自由にお願いします!!!

関連記事
スポンサーサイト

| 原発なんかいらーん! | 01:50 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>ふうりんさん

> こんな事が書かれていたとは知りませんでした。
そう、国民が知らないうちにこう言うことが着々と進められています。

> もう、管氏は一刻も早く退陣して欲しい。
菅総理が退陣してよくなるのかどうかはわかりませんが・・・。とにかく今のままではだめですよね。

> 今朝のラジオのニュースで、民間団体の調査で、千葉と茨城に住む乳児持ちの女性の母乳から1kgあたり37ベクレルの放射性物質が検出されたとか…
こういうことが起こると警告を発していた人たちがいたのに、やっぱり起こってしまう・・・。
千葉も茨城も空間線量はそんなにひどくなかったはずですよね。
つまり、食べ物や飲み物からの被曝だと思われます。
風評被害??実害を風評被害という政府はおかしいです。

> 政府は一体何をやってるのだろう。
補償をいかに減らすかということに躍起になってるんでしょうね・・・ありえない!!!

| Bあや | 2011/04/20 22:35 | URL |

>Chiekoさん

> こんにちは!
> コメントありがとうございました!
こちらこそ、コメントありがとうございます!

> 私は今まで、なんだかんだ言っても日本に生まれて日本で子育てしていることに幸せを感じていました。
わかります、私もそうでした!!今アメリカ在住ですが、「何かあったら日本に帰ろう!次に子供を産む機会があれば、また日本に里帰り出産しに行こう」と思っていました。

> 怒りと絶望とやるせなさと怖さでいっぱいです・・・
子供たちを危険にさらすなんて、本当に許されることじゃないです。

> テレビでは、ご立派な肩書きのついた偉そうな先生方が、基準を超えたほうれん草を1年食べ続けても影響はありません、などと、非科学的なことを平気でおっしゃっています。
> 試したことあるのかよー!と言いたいです。
アレルギーのように、人の感受性には個人差というものがあります。
それを考えると、今の暫定(?)基準値はおかしいし、しかもその基準値を超えていても大丈夫なんて、ありえないと思います。

> 国はおろか、市町村の行政もあやしいです。
そうですよね。でも、Chiekoさんのようにご自分がお住まいの行政に電話をしたり働きかけたりするのは、いいことだと思います。住民あっての行政ですもんね。がんばってください!!

> 福島県の学校で、3.8μSv/hを越えたら屋外活動を1時間ほどにする、と発表されたときは、私も文科省に抗議のメールを書きました!じゃあ、いつになったら避難させるんでしょう?
危険だと分かっている場所に子供たちを通わせろなんて、正気の沙汰ではありませんよね・・・。

> とにかく声あげなくちゃ、って思います!
そうです、とにかく声を上げてください!!母は強し!!!
アメリカからで直接行動はできませんが、応援しています!!!

> アメリカの方たちにも、日本人も政府に怒っている、と、どうぞ伝えてください。
伝えていますし、これからも伝えます!!

| Bあや | 2011/04/20 22:24 | URL |

>カリスマ管理人さん

はじめまして!コメントありがとうございます。

> 福島県民を見殺しにしようとしている日本政府。東京電力も最悪の企業だと思います。
本当に、何を考えているのか・・・。こうなったら恥も外聞も捨てて事態の収束と国民を守るということにすべてを掛けてやるべきだと思います。

> ようするに、今の日本政府はチェルノブイリの時のソ連と同じようなことをしている最中だと感じますね。何が何でも原発被害を少なめに報道させようと圧力も加えているみたいですし。
これが本当に現代の日本で起きていることかと思うと、情けなくなります。

> 暫定基準値に関しても、激しい怒りを感じますね。今まで使っていた基準を事故が起きた瞬間に否定して、暫定基準を使い、基準をしたわまったので出荷しますとか、おかしすぎですもんね。
おかしいです。基準値を引き上げるあの政府のやり方、本当に許せない!!!

> 近い将来、日本中の子供から、小児がんや白血病などがでてきたら、一体どうするんですかね?
「因果関係は認められない」で終わりですよ、きっと。
そのためにあんな文章を官邸HPに載せてるんですから。
政府にはもう頼れません。自分や家族の身は自分たちで守らなくては!!

| Bあや | 2011/04/20 22:13 | URL |

>木挽屋次郎さん

> 隠していたのではなく、本当に無能だったのかと余計に恐ろしくなりますが。
無能でもあるし、意図的に隠していたとも思います。
最悪です。

> それにしても労災関連で根拠不明なデータがあるもんですね。
>  時間あたり5ミリシーベルトと年間で5ミリシーベルト、ちゃんと区別しておきたいです。
根拠不明??実際にこの「年間被曝線量5ミリシーベルト」という数値で実際に労災認定されています。
つまり、「法定の年間被ばく限度50ミリシーベルト」以下でも白血病など深刻な病気になりうる、しかも労災の認定もされるということです。
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/416.html
今、過酷な現場で作業されている作業員さんたちのことも気にかかります。

> 医療機関のHPにアクセスできないようですけど、ウィキペディアなんかはどうですか?
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
ウィキペディアなどに載っている数値が何だと言うんでしょうか?
この数値自体がおかしいとは思いませんか?
政府の定めている数値=原発推進派が定めている数値です。
実際の健康を守れる数値というわけではありません。

>  ま、このくらいにしておきます。
このぐらいにせず、きちんと調べて、私が間違っているなら知らせてください。
絶対にこの値でも安全だという証明ができるならお知らせください。
私は本当のことが知りたいんです。
日本の家族や友人のことを心から心配しています。
私のグリーンカード取得までかなり時間がかかったので、ふれでぃは1歳半まで日本で育ちました。
私たちは今安全(かどうかはわかりませんが・・・)なアメリカにいますが、人事ではないんです。

| Bあや | 2011/04/20 22:00 | URL |

こんな事が書かれていたとは知りませんでした。
もう、管氏は一刻も早く退陣して欲しい。
今朝のラジオのニュースで、民間団体の調査で、千葉と茨城に住む乳児持ちの女性の母乳から1kgあたり37ベクレルの放射性物質が検出されたとか…
政府は一体何をやってるのだろう。

| ふうりん | 2011/04/20 20:12 | URL |

おかしいですよね!

こんにちは!
コメントありがとうございました!

本当に今の日本はひどいです。
私は今まで、なんだかんだ言っても日本に生まれて日本で子育てしていることに幸せを感じていました。
でも今は違います。
怒りと絶望とやるせなさと怖さでいっぱいです・・・

テレビでは、ご立派な肩書きのついた偉そうな先生方が、基準を超えたほうれん草を1年食べ続けても影響はありません、などと、非科学的なことを平気でおっしゃっています。
試したことあるのかよー!と言いたいです。
国はおろか、市町村の行政もあやしいです。

福島県の学校で、3.8μSv/hを越えたら屋外活動を1時間ほどにする、と発表されたときは、私も文科省に抗議のメールを書きました!じゃあ、いつになったら避難させるんでしょう?
とにかく声あげなくちゃ、って思います!
アメリカの方たちにも、日本人も政府に怒っている、と、どうぞ伝えてください。

| Chieko | 2011/04/20 12:10 | URL | ≫ EDIT

どうも、はじめまして、綾さんの気持ちが痛いほどわかりますよ。
日本政府はテロ国家といってもいいんじゃないですかね。
無茶苦茶なことをしています。

福島県民を見殺しにしようとしている日本政府。東京電力も最悪の企業だと思います。

ようするに、今の日本政府はチェルノブイリの時のソ連と同じようなことをしている最中だと感じますね。何が何でも原発被害を少なめに報道させようと圧力も加えているみたいですし。

国自体が人殺しの犯罪をしているのと同じことだと俺は考えます。

暫定基準値に関しても、激しい怒りを感じますね。今まで使っていた基準を事故が起きた瞬間に否定して、暫定基準を使い、基準をしたわまったので出荷しますとか、おかしすぎですもんね。


近い将来、日本中の子供から、小児がんや白血病などがでてきたら、一体どうするんですかね?

管や枝野は人殺しと言われてもおかしくないと思います。安全デマ長嶋久利の日本政府はくるっていると感じていますね。

| カリスマ管理人 | 2011/04/20 06:02 | URL |

ん~?(#3)

3月12日ごろは私も大分怒ってましたが、ようやく正直なデータが出てくるようになったと思います。 隠していたのではなく、本当に無能だったのかと余計に恐ろしくなりますが。

それにしても労災関連で根拠不明なデータがあるもんですね。
 時間あたり5ミリシーベルトと年間で5ミリシーベルト、ちゃんと区別しておきたいです。

医療機関のHPにアクセスできないようですけど、ウィキペディアなんかはどうですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
 ま、このくらいにしておきます。

| 木挽屋次郎 | 2011/04/20 04:32 | URL | ≫ EDIT

>木挽屋次郎さん

http://enzai.9-11.jp/?p=1393
http://www.gensuikin.org/gnskn_nws/0710_2.htm
↑ここに、原発労災の基準が書いてあります。
白血病の労災基準は1年間に5ミリシーベルトです。これは国際的に決められた値だそうです。

> しかし現場的な医療機関のHPではこんなデータが
(出典:http://shimonagaya.com/radiation.htm
こちらのリンクは開けません。

>年間被曝量と時間被曝量を峻別した表現が必要なんだけど、全部曖昧なまま報道されてるんで・・・
なぜ曖昧なまま報道するのか?はっきり報道すると危険だということがわかってしまうからです。

> 今はあまり神経質にならないで報道側の能力を見極める時期なんぢゃないかとおもってまふ。
被害が出てからでは遅すぎます。今、神経質になって子供たちを守るべきです。
報道側の能力??東電や保安院の会見をご覧になっていますか?
大手のマスコミは時間稼ぎとしか思えないしょーもない質問しかしません。
フリーランスの記者の鋭い質問はかわされて「それも含めて検討します」「わかりませんので調べます」など。

チェルノブイリで医療活動に当たっている医師が、子供の親に「37ベクレル以上のものを子供に食べさせてはいけない!」とはっきり言っている映像を見ました。
水道水の基準っていくらですか?ガブガブのんでも大丈夫!と豪語していた政府や御用学者たち。

日本の政府の基準値操作は本当にありえない!!!!

| Bあや | 2011/04/19 11:25 | URL |

>怪人さん

> どんなにヒドイ現実でも、それでパニックがおきようとも、隠蔽せず本当のことを明らかにするのが義務ではないでしょうか。
本当です。もうすでに被害が出るレベルになっています。
そして、この文章をHPに載せているということの意味を考えなければいけません。
「政府は責任をとりません!健康被害が起きても補償はしません!」という意思表示です。
許せない!!!!!

| Bあや | 2011/04/19 11:02 | URL |

>瑞希さん

> チェルノブイリ関連(チェルノブイリ終わりなき人体汚染)等のYouTubeが軒並み削除されているのが、チェルノブイリと同等(もしくはそれ以上)と認めているようなものかと思います。
本当ですよね。でもチェルノブイリ関係の動画はまた別の方がアップしてくださっています。私もまたリンクを貼らせてもらおうと思ってます。

> 某政党はパフォーマンスばかりで、事態を甘く見すぎているし、もはや自分の身体や家族の健康は自分達で守るしかありませんね…。
細野さんの家族はすでに海外へ行っているようですし、それで安心安全を言い続けるなんてありえない・・・。

> 政府や御用学者の言うことは信じないことです。
> 海外のニュースの方が信頼出来ますよ。
私は政府や御用学者の言っていることは信じていません。
海外のニュースも色々ですので、見極めは大事だと思います。

| Bあや | 2011/04/19 10:58 | URL |

>ワカさん

> 悲しいですね、こういう政府の対応。
悲しいではすみませんね。Bあやはまだ怒ってます!

> チェルノブイリへは日本からたくさんの医師が
> ボランティアで行っているというのに。。
そのとおりです!
たくさんの研究者・現地で医療支援をしている医師たち・ボランティアが被害の状況を示していますが、公式発表とは大きな開きがあります。

> そして、被爆者の子供たちは妊娠できない体になって
> いる人が多いと聞きました。 そういうことは
> 関係ないと言い切れないでしょう!
関係大ありです!!
死産・奇形・先天的疾患・不妊・・・汚染された地域の子供達の健康状態は悲惨です。

> 日本のマスコミもリベラルな人が多いですから、
> まともな報道がないのですよ。。
リベラルというか、電力会社が一番大口のスポンサーだからです。
ちょっとでも原発叩きをすると電力会社や電事連から圧力がかかり、問題発言をした人は降ろされるというのが本当のところです。

> YOUTUBE、載せてくれてありがとうございます。
> さっそく見てみました。 
ありがとうございます。
見て欲しいものはもっともっとたくさんあります。
また載せますので見てくださいね。


| Bあや | 2011/04/19 10:53 | URL |

ん~?(#2)

をっと、私もつまみ食いをしてしまった(汗)

(出典:http://kousei.hourei.info/kousei34-9.html
 では「限度」として

四  妊娠中である女子については、第1号及び第2号に規定するほか、
本人の申出等により病院又は診療所の管理者が妊娠の事実を知つた時から出産までの間につき、
内部被ばくについて一ミリシーベルト

としてあり、→
  内部被曝の場合は1ミリGy(Sv)が限度。

しかし現場的な医療機関のHPではこんなデータが
(出典:http://shimonagaya.com/radiation.htm

医療法施行規則第30条の27(許容線量)3ヶ月間につき
放射線従事者(全身)の最大許容被曝線量 30mSv
妊娠中の女子の腹部に対して妊娠と診断された日から出産までの間に対し 10mSv
年間(全身)の最大許容被曝線量 50mSv

原典からの転写ミスかとも疑われるが、結果的には一桁違うデータが流されてるようだ。
<おそらく>内部被曝の場合に1ミリSv 外部被曝では10ミリSvというような違いなんだろうと好意的に解釈。

 Svという単位は積分系だから、年間被曝量と時間被曝量を峻別した表現が必要なんだけど、全部曖昧なまま報道されてるんで・・・ 今はあまり神経質にならないで報道側の能力を見極める時期なんぢゃないかとおもってまふ。

| 木挽屋次郎 | 2011/04/19 01:56 | URL | ≫ EDIT

ん~?

えーと、ですね。
ツイッターでこんなのがありますね。

rainyfossil rainyfossil
sugayoがリツイート
放射線業務従事者(妊娠中の女子に限る)が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい放射線の限度は1mSvと決まっていますが、子どもや妊婦を含む全ての住民が1年間にさらされてよい放射線の限度は20mSvでいいんですか、そうですか。

| 木挽屋次郎 | 2011/04/19 01:04 | URL | ≫ EDIT

あまりの酷さにどうコメントしていいのかわからなくなります。政府が侵せる最大の間違いは国民を騙すこと。どんなにヒドイ現実でも、それでパニックがおきようとも、隠蔽せず本当のことを明らかにするのが義務ではないでしょうか。

| 怪人 | 2011/04/18 11:33 | URL |

情報統制

チェルノブイリ関連(チェルノブイリ終わりなき人体汚染)等のYouTubeが軒並み削除されているのが、チェルノブイリと同等(もしくはそれ以上)と認めているようなものかと思います。

某政党はパフォーマンスばかりで、事態を甘く見すぎているし、もはや自分の身体や家族の健康は自分達で守るしかありませんね…。

政府や御用学者の言うことは信じないことです。
海外のニュースの方が信頼出来ますよ。

| 瑞希 | 2011/04/16 17:50 | URL |

悲しいですね、こういう政府の対応。
チェルノブイリへは日本からたくさんの医師が
ボランティアで行っているというのに。。
そして、被爆者の子供たちは妊娠できない体になって
いる人が多いと聞きました。 そういうことは
関係ないと言い切れないでしょう!

日本のマスコミもリベラルな人が多いですから、
まともな報道がないのですよ。。
YOUTUBE、載せてくれてありがとうございます。
さっそく見てみました。 

| ワカ | 2011/04/16 13:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bayachainsaw.blog3.fc2.com/tb.php/192-a553e2fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。